架空請求という詐欺を皆さんも存じ上げているかと思いますが、やれるアプリの運営者にも詐欺行為を行っている会社があります。
やれるアプリは出会いを探せる一種のビジネスになる世界です。
しかし、アプリを開設して運営していけば容易に稼げる訳ではありません。
インターネット上には大小様々なやれるアプリが存在しておりますから、たとえ運営したのだとしても開花せずにユーザーが一人もいないアプリがざらにあると思われます。
悪質業者は正規な方法では稼げない事から、悪質行為を行いお金を儲けようとしている人達です。
利用者側は決して悪質業者による架空請求に応じてはなりませんので、やれるアプリを始めようと考えている人は詐欺行為の回避を課題に頑張ってみて下さいね。

架空請求の恐ろしいところは脅しともとれる表現で、ターゲットの動揺を誘う事にあります。
『法的処置』という言葉が例えば請求内に盛り込まれており、その要求される金額が決して高くないのであれば、どうしますか?
誰でも面倒事は勘弁でありますから、少額のお金ならば支払い楽になろうと考えてしまうのではないのでしょうか?
支払ってしまうと、何度も同じような請求メールがきて多額なお金を支払う事を余儀なくされます。
なので、不正な金額には一切応じてはならず、少額だとしても無視を決め込むようにしましょうね。

基本的に架空請求は無視をすれば、一切その後は関与したりしません。
なぜならば、ユーザー側が本気になったら、怖い・・と思っている事もありますし、数を打てばあたる!
と考えて、最適なターゲットを見つける事を最優先しているからです。
おそらく、架空請求の被害に合った人は脅し文句とも言える法的処置という恐怖に負けてしまったのだと思います。
無視を決め込んでも殆どの場合、特に何かが起こる訳でもありませんし法的処理を受ける可能性も決して高くありません。

やれるアプリは危険なイメージがありますが、間違ってはいません。
出会いを求める男性は単純な人が多い傾向にあり、意外と騙されやすいから気をつけて下さい。
ただ、すべてのやれるアプリが悪質業者と繋がっている訳でもありませんから、架空請求を理由にしてやれるアプリの利用を断念する必要はないとも言えます。
優良とも言えるやれるアプリは存在しておりますから、名の通ってないアプリには近づかないだけで、架空請求に対する予防は70パーセントは回避できるでしょう。
30パーセントは優良なやれるアプリに、業者が紛れ込み架空請求を行うパターンを考慮して勝手に検討を付けさせてもらいました。
この数字に根拠は特にありませんので、あしからずです。

カテゴリー: やれるアプリとは